衛生・消毒に関する取り組みについて

ココロとカラダをHappyに♪
アロマ・鍼灸師のMamikoです。

しっかり営業はしていましたが、すっかりご無沙汰してしまいました…

このご時世、今一番興味のある話題は「新型コロナウィルス」だと思いますが、「新型」だろうが「旧型(とは言わないか…)」だろうが、皆様のお体に触れるため【衛生・消毒】に関して振り返る毎日です。

過剰な心配をせず、安心してご利用いただくために、改めてPranaでの【衛生・消毒】に関することを一部になりますが、まとめてみました。
当たり前じゃんと思うことも足りないと思うこともあるかと思います。
施術を受ける側として足りない・不安と思うところはご指摘いただけると助かりますので、そんな目線で見ていただけたら嬉しく思います。

1.ディスポーザブルの使用

つまりは1回きりの使用で使い捨て。
鍼・手袋・シャーレ・シーツ・リンパドレナージュ用ビニールシート・ペーパーショーツなどです。

ディスポ鍼鍼は一ヶ所一度きりの使い捨てです。1本ごとにエチレンオキサイドガスで滅菌された鍼を使用しています。

 

 

 

 

 

グローブ着用写真手袋(グローブ)
刺鍼をするときに着用します。素手では刺鍼は絶対に行いません。
置鍼中(鍼を刺したまましばらく時間を置き、刺激を与える時間)に何か触れてしまったら、新しい手袋(グローブ)に取り替えます。
手袋(グローブ)を着用前後に消毒用エタノールも使用します。
これこそまさに感染症対策で行っています。
指サックを使用することもありますが、私は手が全部カバーできる手袋型が好きで、学生の頃から使用しています。

 

ディスポシャーレシャーレは、抜鍼した鍼を指定の医療用廃棄物容器へ入れるまでの一時的に置くときに使用しているものですが、お1人様ごとに使い捨てです。(大きく映っている白いものがディスポーザブルのシャーレです)

 

 

 

ディスポシーツ ディスポショーツなどシーツは、鍼灸を行う際は特にそうですが、硬結の状態などにより出血をすることがあります。
わずかな出血でも、ベッドに残さないためにペーパーシーツを敷いて都度廃棄しています。

リンパドレナージュ用のビニールシート、ペーパーショーツは、施術中お客様自身が汗もかきますし、アロマオイルもつきますので、まさに使い捨てです。

 

 

 

2.手指消毒

手洗いは石鹸を使用することはもちろん、ペーパータオルで水分はふき取ります。
消毒用エタノールも手袋(グローブ)をする前後はもちろんですが、何か器具類を触るたびにシュッと吹きかけ、しっかり擦ります。
これも、消毒剤の濃度が薄くなると消毒効果が落ちるため、乾燥した状態になってから使用します。

ボディ&フェイシャルコースの場合は、お顔に触れる前に必ず手を洗いますので、途中ベッドサイドから離れます。

 

3.患部消毒

刺鍼・施灸前後の消毒。
取穴をするためにランドマークとなる部位:骨や関節などもしっかり消毒。
広範囲になりますが、大事なポイントです。
硬結部位だけの施術ではなく、東洋医学に基づいた効果のあるツボでの治療も行いますが、ここの骨から指3本とかランドマークになる骨や関節の位置も大事。
これこそ、ここのカラダの大きさや骨の長さなどが異なるから。
個人個人、ツボの位置が若干違うので、ランドマークからの距離やその方の指の太さなどもチェックして取穴をするには、触れる範囲もしっかり消毒です。

4.器具の消毒

赤外線装置やフットキャビ、ワゴンなどは消毒用エタノールを含ませたコットンやシートで必ず拭きます。

 

5.アロマについて

ブレンドをお客様に合わせて行っているため、残ってしまっても「廃棄する、使いきり」です。
もったいないようですが、肌に触れた手でオイルも触れるからです。
自然環境に負担をかけないよう、いらなくなった紙類に含ませてから燃えるゴミとして廃棄します。
直接排水溝へ、なんてことは致しません!

オイル容器も使用前に消毒用エタノールで消毒します。

 

6.化粧品類

クリームなどの化粧品に素手で触れることはありません。
スパチュラ(へら)などを使用し、必要分を取り出します。

 

7.足湯のタライ

足湯で使用する琺瑯タライは、中性洗剤で洗い、しっかり乾燥。都度、消毒用エタノールを吹きかけてから使用。
これも、エタノールの濃度が薄くなり消毒効果が半減しないようにするため、乾燥してから使用します。

 

8.ハーバルスチーム

スチームの椅子は終了後と使用前に消毒用アルコールを使用します。
もちろん、ペーパータオルでふき取ります。
床の部分も都度、拭き掃除です。

生理中にご利用をご遠慮いただいているのも衛生面でのお願いです。

 

9.タオル類

一度お肌に触れたものは、必ず即座に洗濯。
オイルが付いていなくても、「肌に触れたら」は基本です。
ホットタオルも一度作ったら使用しなくても洗います。(コース変更で使用しないことがあります)
温度や湿度による菌の繁殖があったらいけませんので、肌に触れなくても、位置を水分を含んだものは洗います。

 

10.換気

都度、換気!
キレイない空気は勿論ですが、もう一つ。
来ていただいた方のためのアロマの香りを堪能していただきたいからと理由もあります。
残り香がないように努めています。

換気の基本、部屋内の窓を2か所以上きちんと開けます。

 

11.マスクの使用

フェイシャルトリートメントや頭部、首周りのケアを行う際には、必ずマスクを着用しています。
咳・唾エチケットの一つですが、私の呼気が顔などにかかり不快な思いをされないようにするためです。

 

お体に触れる者として、医療に関わる者として、【公衆衛生学】を基に行っています。

多くの情報が飛び交う中、誤った情報も多く、何を信じて良いのか分からなくなることが多いと思います。

「それ噂レベル」「どうして?」と思うことがいっぱい。

「常識」と思うことも、一般的には常識としてとらえられていないことが多いのが現状のようです。

でも、「間違った情報」に気が付き、「常識」と思えるのは、学校で学んだから。

恩師に感謝。勉強して良かったと思います。

本当はもっと分かりやすく、少しずつ発信していくことが必要なのかもしれません。

研究により新事実が明らかになることも多い。

日々のアップデートは私たち医療に関わる者は必須。そして、キチンと発信することも必須事項ですね。

 

何はともあれ、「新型コロナウィルス」対策で「インフルエンザ」の罹患者が減ったのは素晴らしいことです。

「手洗い」「うがい」の有効性が立証されていますね。

今後もぜひとも続けていきたい簡単に取り入れられる予防習慣の1つです。

 

Pranaで行っている【衛生・消毒】をいくつか上げてみました。
こんな時はどうしてるの?それじゃ足りない!こうするべき!こうして欲しい!という方は、ご予約時・施術前にお声がけくださいね。
不安感を持ったまま施術を受けられることは、効果減少です。
現状、医療関係者でも必要なものが手に入らない場合がありますが、消毒効果を落とすことがないよう努めていきたいと思います。
出来る限り努力を致しますので、ご遠慮なくおっしゃってくださいね。
皆様が不安なく利用できるように、様々な意見を伺い、取り入れていけたらと思います。

ちょっと先が見えない「新型コロナウィルス」ですが、不必要に心配することなく、一日も早くいつも通りの生活が送れることを願います。

お電話での予約

090-7709-6632(ご予約優先)

ネットでの予約

前日~1か月間の即時予約が可能です。
即時予約

2020-03-06 | Posted in ご利用のみなさまへNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment