カラダは「〇氣」で守られている!

ココロとカラダをHappyに♪
ランニング中の咳エチケットに悩むアロマ鍼灸師のMamikoです。
ハードコンタクトを使用しているため、Run・Bikeはサングラスを使用中。
咳エチケットのためにマスクを着用するとかなり怪しい。それに苦しい…
どうしたらいいんだ!と悩んでいるのです・・・

 

カラダを衛る氣「〇氣」

声をかけやすいオーラ。
楽しそうなHappyオーラ。
イライラしていそうなUnhappyオーラ。
声をかけないでオーラ。
声をかけてオーラ。
かまってオーラ。
人を寄せ付けないオーラ。

などなど、色々と表現のある「オーラ」。
意識的かつ潜在的に発せられるています。

東洋医学にも「オーラ」に似たものがあります。
それは「氣」です。
完全なイコールではないかと思いますが、「氣」を想像・理解してもらいやすい言葉です。
東洋医学的には様々な種類の氣がありますが、カラダから発せられ、周りに存在し、「邪を寄せ付けないもの」「身を守るもの」「自分を表現するもの」としての役割を持つものがあります。
それは「衛気(えき)」です。

バリアされる女子
邪気だけでなく実際に、ウイルスや細菌、花粉、チリ、有害物質、気温変化、乾燥、湿気などなどあらゆるものから守ってくれます。
この「衛気」が弱い体質、状態のことを「衛気虚(えいききょ)」と言いますが、この状態は全体もしくは一部が薄くなっていたり、穴が開いていたりしている状態で、そこから「氣」が漏れ出したり、邪の入り口になっています。
そのため、

風邪をひきやすい
息切れしやすい
疲れやすい
汗をかきやすい(寝汗をかきやすい)
皮膚トラブルが起きやすい
などの症状が起こります。

「衛気」が弱い=「守る力」が弱い=「免疫」が弱いとも言えますね。

まさに今、必要な「衛気」。
どうしたら、より強い「衛気」を手に入れることができるのか?
手に入れるためには、相手を知ることが大事。
「氣」とは何か?見ていきましょう。

「氣」ってなに?

東洋医学では人体の構成するものとして「氣・血・水」があると言われています。
氣」は目には見えませんが、生命活動の最も基本と言われるもので、陰陽で分けると「陽」になります。

氣の働き

働き➀推動作用
生理活動:血・水の循環や新陳代謝などを促進します。

働き➁温煦作用
カラダを温めたり、体温を維持したり、機能の活性化をします。

働き➂防御作用
カラダの外表面で外部からの刺激や邪気の侵入を防ぎます。これが「衛気」です。

働き➃気化作用
血や水を作り、さらに水を汗や尿へ変化・コントロールします。

働き➄固摂作用
血・汗・尿などを漏れ出ないようにします。

 

氣の種類

「氣」は、生まれ持ったもの=先天の氣自身で得るもの=後天の氣があります。

先天の氣は生まれ持ったもの。
「原気」とも言われます。まさに、生命の原動力。成長や代謝には欠かせないものですね。
ちなみに追加はできず、「腎」に蓄えられていると言われています。一応、個々それぞれに一生足りる分はありますが、消費の仕方は個々の力量です。
ご両親からのプレゼント。大切にしなければいけません。

後天の氣は、自分自身で得ていく「氣」
呼吸から得られる空気ももちろん、飲食物から変化し得られるもので、「宗氣(そうき)」「栄気(えいき)」「衛気(えき)」があります。

「宗氣(そうき)」:食べ物+呼吸から生まれ、主に心(心臓)と肺の活動に使われます。通常の呼吸はもちろん呼吸に伴う発声にも関わり、心臓の拍動の力やリズムもサポートします。カラダの動きや呼吸からは汗を作り出し、そして、空気には水蒸気があります。水の生成にも関わる氣です。

「栄気(えいき)」:栄養に関わる氣です。栄養を持つ液体は血。この血を循環させる氣でもあり、各臓器や組織へ巡り、活動もサポートします。

「衛気(えき)」:かなり活動、動き、柔軟性のある氣です。カラダの外側で守るのはもちろん、内臓器も守ります。そのため、体温維持や発汗にも関わるのです。

なんだか、物理的なことばかりに「氣」は関わっているようですが、ココロ・精神の活動にも必要なものです。

また、こんなこともありませんか?
腰が痛い → 動きたくない → 痛みにしか意識が行かない → 辛い、楽しくない
とネガティブな状態に。
カラダの状態でココロの状態も影響します。

ならば、「カラダが元気だとココロも元気」です!
健やかなカラダが健やかなココロ・精神も支えています。

 

バリア力「衛気(えき)」を作る・育てる方法

「衛気」は後天の氣なので、食事から得られます。
ということは、より屈強な「衛気」を作るのは自分次第ということにもなります。
血も作られるから、「栄気」にも関わるし、食事でしっかり補えると、先天の氣「原気」も補えるということ。やっぱり、食事って大切です。

バリア力を上げるには「食事」!

ちなみに生薬・漢方でもサポートできます。
補気薬と言います。
黄耆(おうぎ)
人参(にんじん)
白朮(びゃくじゅつ)
甘草(かんぞう)
などです。
これらが入っている漢方薬では「補中益気湯」が有名ですね。
でも、毎日のバリア力Upに薬ってどうかな?と思います。
もちろん、悪くはないけどあくまで薬だし…

やっぱり、美味しく楽しくバリア力Up!
もちろんあります!日本人で良かった!
それは、
糠米(こうべい):もみ殻をとった玄米
です。
以前も書きましたが、氣の中には米があります!
やっぱり「米」なんですね。
こんなに身近に「補気」食材がある!

ただ、玄米は苦手な方もいるかもしれません。
そんな方は、白米でモOK!まずはしっかりお米を食しましょう!

イネと米

そして、「楽しく食べる」
オンライン飲み会なるものが流行っていますが、楽しく食事ができるのでアリ!
食事が楽しくできると距離感が縮まります。仲良くなれます。
気になる人を誘うとき、「今度、ランチしよう!」とか「お茶しよう!」って誘いますよね。
飲食の時間を共有するって、ココロの距離を縮めます。
数人で食べると一体感も生まれます。

「食事」はココロにも栄養を与えてくれるのです。

女子会

食としっかり向き合って食べることで、食とカラダの一体感も生まれます。
咀嚼して、飲み込んで、食道を通って、胃に入る。胃に入ったら、胃液に触れて、細かくなりながら、十二指腸を通り、小腸へ・・・と道筋を思い描くことで、各部位や臓器にもサインが届き、消化も助けます。
自分の食べたもので、髪や皮膚、筋肉が作られることはご存知ですよね。
食とカラダは一体化します。
それに単純にゆっくり食べることで、咀嚼回数も増え、ダイエットにも良いし、消化不良を防ぐことで、胃腸症状の不調の改善もできる。

また、本来の食材の味や香りを知ることもできますね。旬のものとそうでないもの。調理法によって変わるもの。産地による違いなど。
本来の食材の味や香りを知っている人が本当の美食家ではないでしょうか?

個食・孤食をせざる負えない状況の方もいると思います。
でも、たまにはテレビもスマフォも消して、味や香りも楽しみながら、食べてみるのはいかがでしょうか?
そして時にはオンライン飲み会でつながりを感じる。
食事で共有できるのは、時間・感情・感覚。
1人の時もみんなでいる時も楽しく食べましょう!

 バリア力Upで美食家にもなれそうです。

お電話での予約

090-7709-6632(ご予約優先)

ネット予約はこちらから

前日~1か月間の即時予約が可能です。
即時予約

お客様からのご予約、お問い合わせを下記フォームでも受け付けております。
出張をご希望の方は下記のフォームをご利用ください。

件名※必須

 ご予約 お問合せ

メニュー

【自粛Reset:ココロとカラダReset】

 CR:90分 CR:120分

【自粛Reset:頑張っ私のカラダメンテ】

 CSAM:60分 CSAM:90分

【自粛Reset:お肌ストレスReset】

 CF:50分 CF:90分

【ルナ・サイクルセラピー】

 RT:120分 RT:90分 RT:60分 RT:体験150分

【バランスフェイシャル】

 アロマオイル:90分 アロマオイル:50分

 kokokara顔鍼 :90分 kokokara顔鍼:50分

【五行体質別漢方ハーバルスチーム】

 ハーバルスチームのみ30分

 ハーバルスチーム&肩こり解消トリートメント ハーバルスチーム&美脚トリートメント ハーバルスチーム&肩こり・腰痛解消トリートメント

オプションをご希望の方はお問い合わせ欄にご入力ください。

[・Face スペシャルパック〈角質ケア付〉(+25分、2500円)・肩首集中アロマオイルトリートメント(+15分、1500円)・美脚アロマオイルトリートメント(+20分、2500円)・美腸(腸活)アロマオイルトリートメント(+20分 2500円)・背中アロマオイルトリートメント(+25分、3000円)]

【出張】

 顔鍼


 鍼灸治療30分 鍼灸治療45分 鍼灸治療60分


 骨盤矯正60分 骨盤矯正90分 骨盤矯正体験

クーポン利用

 Birthday

ご希望の予約日(第一希望)

ご希望の予約時間(第一希望)

ご希望の予約日(第二希望)

ご希望の予約時間(第二希望)

お名前※必須


フリガナ※必須


メールアドレス ※必須

電話番号


住所※出張希望の方は必須


最寄り駅※出張希望の方は必須


当店を知ったきっかけ

 ホームページ 紹介 その他

問い合わせ内容

 内容をご確認の上チェックを入れてから、送信ボタンを押してください。

関連記事

Comment





Comment