マタニティ期を快適に過ごす方法

ココロとカラダをHappyに♪

スポアロリーダー&マタニティケアリストのMamikoです。

マタニティ期に体を動かす事ってとっても大切です。

先日、優良妊婦さんいらっしゃいました!

「ポン!」って、ラクラク出産間違いなしって思います。

 

実践例:妊婦さんの鏡!

公園散歩

22週目になるEさん

夏の猛暑を感じさせる午前中に、涼しいお顔でご来店。

「京葉道沿いだから、あまり迷いませんでした~」

とおっしゃっていたので、てっきりご主人にお車で送ってもらったのかなと思いつつ、妊娠初期の体調や現在の仕事のペースや気になるカラダの不調などお伺い。

話を進めるうちに「散歩・歩く」が習慣化している事に気が付き、聞いてみると

「今日も歩いてきました~」と軽やかに♪

ん?私でも1時間はかかるだろう住所じゃない?

「バスや電車とか公共機関が苦手で…2時間以内なら歩くんです!」

「妊婦ちゃんの鏡だ~!!」と思いました。

散歩の効果

散歩は、ヒトの基本的な動きで行え、強度の軽いスポーツ・運動です。

利点がたくさんあります。

*大がかりな道具が必要ない。ちょっとしたスニーカーでも十分!

*気軽に出来る

*全身運動にもなる

*着地をするときも膝への負担がほとんどない。

*骨盤周辺の筋肉に適度な刺激になる

*腰痛ケアになる

*むくみケアになる

*肩こりケアになる。

などなどあげたらきりがない!

妊娠後期は、脚の付け根(鼠径部)が圧迫され、また、特に運動をしていない限り、日頃の運動量が減るため、筋肉が落ち、体液や血液の循環が悪くなるため、むくみ易くなります。

そのため、冷えなども出やすいですし、特に下半身が冷えてくると、胎児は温かいママの心臓近くを好み、逆子にもなりやすくなります。

お腹のハリも感じやすいはず。

出産時、骨盤~大腿部の筋肉ってかなり使います。

筋肉痛になる方もいらっしゃるくらい。

でも、筋肉がしっかりあり、使えると出産時も楽チンなんです。

もちろん出産後の回復も楽!

 

また、食事の面でもよい効果があります。

体重が気になる方もいらっしゃいますが、食はカラダの基本です!

軽度の運動な食欲UPし、美味しく頂けるようになります。

食欲はヒトの3大欲の1つ。

この食欲をカラダだけでなくココロの満足へ。

ストレスフリーへの1歩。

栄養素の吸収もUP。

ということは、意外にも食べる量は少なくても満足することに。

季節の食材を取り入れながら食すると、カラダも満足、赤ちゃんも満足です!

 

激しいスポーツは出来ないけど、基本的な動作の散歩・歩くなら、取り入れやすい。

季節の風を感じることは、赤ちゃんの豊かなココロ作りにもつながります。

ママが気持ちが良いと、その思いは伝わります。

ママだからできること、ちょっと取り入れてみましょう!

 

散歩時の注意事項

*手ぶらで歩く →

カラダをバランス良く使うため。何かを持っていたりすると、いつの間にかバランスを取ろうとしてしまいます。重心の変化のある妊婦さんこそ、手ぶら散歩がおススメなんです!

*1時間くらい歩く →

ある程度の時間、継続すると体温上昇や血行促進につながり、散歩後もその状態が続きやすくなります。でも、無理は禁物。短い時間でも取り入れることが大事です。

*無理をしない →

暑い日や寒い日はもちろん体調がすぐれない日はやらない。無理にやるとストレスにしかなりません。義務化されると続きません…

*足元はスニーカーで →

低価格のランニングシューズとかもおススメです。クッション性もありますし、足底もしっかりしているから。ペタンコ靴は、あるきやすいけど、地面に足底がくっつくため、衝撃を感じやすく、また、その衝撃を骨盤や頭蓋へ伝わりやすくなります。足底のアーチをしっかり守り使いつつ、歩けるものがおススメです。

*季節の風を感じる →

歩くスピードは見えるもの、感じるものが沢山あります。いつもと違う発見が必ずあります。

 

と、色々書きましたが、携帯持ってでもOKです。

まずは歩いてみる。

やってみませんか??

ちなみに…Eさんはお帰りも歩いて帰られました!!

関連記事

Comment





Comment