リンパドレナージュ

「ドレナージュ」とはフランス語。日本語では「排出」を意味します。
「リンパドレナージュ」=「リンパ排出」

リンパ管は細い管。
その管をつぶさないように適度な圧力で行います。
心地よいリズムと圧力、カラダの芯から温まることは自律神経の調整、とくに副交感神経を優位にしリラックスへと導きます。

 

リンパって?

What  is  Lymph  ?

リンパ図

リンパ管・・・カラダの下水道管のような管。
リンパ液・・・栄養や水分のほか、代謝や免疫で使用された物質等が混ざった体液(組織液)。
リンパ節・・・必要なものと不要なものを分別・濾過するザルのような小さな器官。
ウィルスや菌との戦場でもある。

人間のカラダには、酸素や栄養をカラダのすみずみまで運ぶために絶えずめぐっている血液以外に、リンパ液があります。
血管からしみ出した組織液は、細胞へ到達し、栄養を届けかつ不要なもの(古くなった細胞や免疫で使われた細胞やウィルスの死骸、疲労物質など)を回収します。その組織液がリンパ液です。

免疫の働きをするリンパ球を含む為、血液同様、健康に生きていくためには身体中をしっかりめぐって頂きたい液体です。
そして、リンパ節では、異物を分別除去、破壊をおこないます。
風邪などを引くと「リンパが腫れた」と表現しますが、まさにこの時リンパ節において菌やウィルスを破壊している時なのです。

破壊の後には、免疫担当細胞、菌、ウィルスの死骸など不要物が散らばりますが、この不要物を回収し排泄するのも、リンパ液の働きです。
しっかり回収されなければ、不要物は溜まり続け、リンパ節の機能は落ち、免疫力は下がりかつ、カラダのすみずみで回収した老廃物も滞ります。
この時に、免疫力低下はもちろん、循環不良のためコリ(凝り)などが起こります。
しっかりと流す力も必要になります。

血管は流れを作る心臓に連結していますが、リンパ管は流れをつくる臓器につながっていません。
筋肉やホルモンバランスや自律神経の働きにより流れが作られます。
特に女性の場合、「筋肉量が男性より少ない」ことと「月経による規則的ながら不規則な女性ホルモンの働き」により流れが滞りがちになり、足元へ溜まることで足のむくみとなるわけです。
同じ姿勢も筋肉に刺激が行かないため大きな要因になります。

また、近年は不規則な生活リズムや高速移動も多いうえ、過大で長期的なストレスを抱えがち。

車や新幹線、飛行機などの高速移動は、重力や身体にかかる圧力変化が身体の循環などをコントロールする自律神経系に大きな影響を与えます。
ストレスは交感神経を高ぶらせるため、手足や皮膚などの末端の血管・リンパ管を収集し流れを滞らせます。

そして、最終的には鎖骨下(右リンパ本管)と胸の間(胸管)の静脈へつながり、排出されるのです。
この一連の流れをサポートするトリートメントがリンパドレナージュです。

〈こんな方におススメ〉
・むくみやすい
・なんとなく疲労感が抜けない
・ストレス
・冷え
・生理不順、婦人科系症状が気になる
・便秘気味、便秘
・ダイエット
・肩こり、腰痛
・体調を崩しやすい(風邪をひきやすいなど)

また、最近、男性のむくみも増えています。